子育てに必要な心構え

子育てでキレさせない

キレてしまう態度を子供は見せてしまいます。その行動は怒りや感情が高ぶったことにより起きてしまいます。子育てでも見られますが、乱暴な言動もしくは行動をとることになります。しかし子供に限らず、対応する大人でも見られる行動となっていますが、このような行動は自分自身を律していこうとすることができない時には起こりやすいです。

子育ての中で子供がキレやすくなってしまう時期は、大別して2つあります。いわゆる反抗期ですが、最初は2歳から3歳前後、そして第二次として中学生から高校生の間となっています。しかし最近では5歳頃から小学校に低学年あたりで暴力的な行動を取ることもあります。これを中間反抗期ということが多くなってきています。中間反抗期の時期を過ごす子供は、昔ならばまだ小さいと親が守っていることが多かったです。しかし学校での教育や社会情勢が変化していったことによって、大半の子供が雑多な情報をチェックしています。そして精神的に未熟ながらもランクが高い教育などを受けたいと要求する傾向になっています。

これが結果として感情のコントロールを失わせてしまい、些細な出来事で相手に暴力をふるってしまったり、親や先生へ反抗していく傾向にあります。どうしても状況が上手くいかない時にはひきこもってしまうこともあるので、コミュニケーションを取ることも子育ての中で難しくなってしまいます。キレた行動を把握しながら、柔軟な子育てを行っていかなければなりません。



[外部リンク]
埼玉近辺を子育て支援を現地取材し、レポート掲載しているサイトです→→→ 子育て 支援